新着情報

建設業(特に解体業)における死亡災害撲滅に向けた要請について

2017年12月07日

厚生労働省 山口労働局より、建設業(特に解体業)における労働災害防止に向けた要請文書が出されていますので、適切な対応を願います。

  厚生労働省山口労働局長の要請文
労働災害の防止につきましては、平素より格別のご協力を賜り深く感謝申し上げます。

 さて、 山ロ県下における本年の労働災害の発生件数は、労使の皆様をはじめ、関係各位のご尽力により、休業4日以上の労働災害発生件数が対前年比(l0月末時点)で4.8% 減少しており. 特に死亡災害は64.7%と大幅な減少となっています。
 
 しかしながら、11月29日に下関市内の木造2階建アパートの解体作業中に、労働者が倒壊したコンクリート壁に激突されて死亡するという災害が発生しました。
   また、本年1月から11月までに発生した建設業の死亡労働災害は6件で、県内の全死亡労働災害の75%を占めるという憂慮ずべき状況となっています。

 つきましては、 労働災害による犠牲者をこれ以上発生させないという強い決意のもと、各職場での安全衛生活動の強化のため、下記事項にご留意の上、貴団体の労働災害防止に向けた取組強化を図られるとともに、 解体業を営む率下の会員事業場に対しては死亡災害の撲滅及び労働災害全体の減少に向け、 基本的な安全活動の着実な実施・確認という原点に立ち返つて企業の安全衛生活動を今一度総点検していただくことを周知、 ご指導いただきますよう要請いたします。

PDFファイル要請文はこちらから
           記

1   解体作業における労働災害防止対策
(1) 建物の状況、 敷地の状況等について事前調査を実施すること
(2)工事計画及び作業手順を作成し、 実行すること
(3) 一人作業を避けるように努めること
(4) 解体時はあらかじめ一定の合図を定め、 関係作業者に周知するとともに、 他の
   作業者が避難した後に実行する こ と
 
 
2    その他
(1)安全作業マニュアルの遵守状況を確認するなど、職場内の安全衛生活動の総点検を
  実施すること                                                                

(2)安全管理者、安全衛生推進者、安全推進者等を選任し、その職務を確実に遂行させる
  など、事業場の安全管理体制を充実すること